アルトサックスを吹こう!いい音の出し方とは

 

 

ブラスバンドやオーケストラなど、
クラシックにポップスに大活躍のアルトサックスですが、
いざ吹こうとしてもきれいな音が出なかったり、
息が長く続かなかったりすることがあるのではないでしょうか。

 

アルトサックスは、テナーサックスやバリトンサックスに比べると小さいですが、
穴の空いている部分も多く、それだけしっかりと息を入れなければいい音は出ません。

 

そこで、いい音の出し方について、考えてみましょう。

 

サックスに限らず管楽器は、
楽器に息を入れないことには音が鳴りません。

 

足を開いてしっかり立ち、
姿勢を正して腹式呼吸を行うことが基本となります。

 

自分の音を聞きながら、音が揺れていないか、
きつい音になっていないか聴きながら、腹筋を使って音を安定させましょう。

 

また、アルトサックスはリード楽器です。

 

リードの調整の仕方ひとつで、音色はまるで違ってきます。

 

まずは自分にあったリードのメーカーや硬さを見つけ、
ヤスリなどで少しずつ調整しながら、
吹きやすく、低音から高音まで安定した音がでるリードを作り出していくことが重要です。

 

慣れるまでは自分に合うリードが分からなかったり、
調整中に削りすぎたりして失敗することもあるかもしれません。

 

それでも、何度も繰り返すうちに、
自分にとって音が出しやすく、
よりいい音が出るリードを見つけることができるようになるでしょう。

 

関連ページ

上手くなる方法
アルトサックスを自宅でラクラクマスターしたい方必見!あなたもカッコよく吹けるようになるかも☆
アルトサックスを独学
アルトサックスを自宅でラクラクマスターしたい方必見!あなたもカッコよく吹けるようになるかも☆
サックスの価格
アルトサックスを自宅でラクラクマスターしたい方必見!あなたもカッコよく吹けるようになるかも☆
フラジオとは
アルトサックスを自宅でラクラクマスターしたい方必見!あなたもカッコよく吹けるようになるかも☆